夏のお弁当はおかずを冷凍したら腐らない?どんな工夫をしている?

旦那さんのお弁当を毎日手作りされている奥様、本当にお疲れ様です。毎朝、早起きしてお弁当を作るのは大変ですよね。夏場になると、お弁当が傷んでしまわないかも心配。 外回り営業をされていて、車の中にお弁当を置きっぱなしにしなければいけない旦那さんの場合など、特に注意が必要ですよね。夏のお弁当を腐らせない工夫やアイデアなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

夏のお弁当 おかずはどんなものがいい?

お弁当の定番と言えば、卵焼きですが腐りやすいおかずの定番でもありますよね。ちくわなどの練り物やハムなどの加工品もそのままで入れるのはよくありません。生野菜や前日余った煮物なんかもやめておいた方がいいでしょう。

なんて言ってたら、いったい何を入れて行けばいいの~!! って思っちゃいますね。基本は、よく火を通して味付けを濃くしたものがいいです。また、汁気が多いものは雑菌の繁殖に繋がりやすいので、避けた方がいいですよ。

生野菜でも水気をキレイに拭取って、汁気の多い煮物などは片栗粉などでとろみを付けて汁気を減らすことが大事です。温かいままのおかずをそのまま入れてしまうと、蒸気がたまって水気が出てしまうので、必ず冷ましてから入れましょう。

夏のお弁当は、冷凍したおかずがおすすめ

夏のお弁当、最近は冷凍したまま入れて食べる頃には自然解凍されて食べごろになるものも増えてきています。冷凍ほうれんそうや、冷凍グラタン、冷凍パスタ、冷凍ハンバーグなどなど、たまには市販の冷凍食品に頼るのもいいですね。

こういった冷凍食品を入れると、そのおかず自体が腐らないだけでなく、まわりのおかずを冷やして保冷剤の役割も果たしてくれるという点で、冷凍おかずはおすすめです。



夏のお弁当が腐らない工夫は?

梅干しには抗菌作用があるとよく聞きますが、日の丸弁当のように真ん中にドンッとのせるだけで、お弁当全体の抗菌に役立ってくれる訳ではありません。 梅干しを小さく砕いてご飯に混ぜいれて、梅肉おにぎりにするといいですよ。 また、冷凍したゼリーやこんにゃくゼリーなどを、おかずの間に入れて保冷剤代わりにするのもおすすめ。

お弁当を長時間、暑い車や部屋の中に置いておかないといけない場合は、保冷BOXや保冷バックは必需品!! 凍らせたペットボトルのお茶を入れておけば保冷剤にもなるし、解凍したらそのまま飲めて一石二鳥です。ケーキを買った時などについてくる小さい保冷剤も捨てずに残しておいて、保冷バックに複数入れておくだけでも暑さから守ってくれます。

まとめ

夏場のお弁当作りは、入れるおかずにもひと工夫必要だし、なかなか大変。 真夏の猛暑が続く1か月間くらいだけでも、社食やコンビニ弁当に頼ってもらうのも1つの手ですよ。忙しいママも、猛暑の間のお弁当作りだけは、ちょっと休憩させてもらいましょうよ。