母の日にカーネーションの花束 由来は? それ以外で嬉しいものは?

さて、もうすぐ母の日...我が家の息子たちははたして何かプレゼントしてくれるのでしょうか? その前に、母の日を覚えてくれているのでしょうか(汗)

それは、さておき母の日の定番と言えば、カーネーションですが、いつからどんな理由でカーネーションを贈るようになったのでしょう。やっぱり母の日にカーネーションをもらうのは嬉しいものなのでしょうか? 母の日のカーネーションについて、いろいろまとめてみました。

スポンサーリンク

母の日にカーネーションの花束はどう?

母の日にカーネーションの花束、私だったら最高に嬉しいです。女性はいくつになっても花束をもらって嬉しくない人なんていないでしょうね。

今は、カーネーションとひとことに言っても、ピンクやオレンジ、いろいろなカラーもあります。スミレ草と一緒にいろいろな花を組み合わせてアレンジしてもらって、花束にして贈ったらさぞかし喜ばれるでしょう♪

母の日にカーネーションを贈る由来は?

1905年5月9日、アンナ・ジャービスというアメリカの女性が亡くなった母親への思いを込めて、教会にたくさんの白いカーネーションを持って行った事が母の日の始まりと言われています。 キリスト教では、十字架にかけられたキリストを見送った聖母マリア様が流した涙が落ちた後に咲いた花という言い伝えもあるそうですよ。

赤いカーネーションの花言葉は、「 愛を信じる 」ピンク色は、「 熱愛 」 白色は、「 私の愛は生きている 」 オレンジ色は 「 純粋な愛 」 というように、母性愛の象徴ともされています。 母の日に贈る花としては最適なお花と言えるでしょう。 ただし、白色はお墓に供えるなど、亡くなった方にに贈る色なので避けた方がいいかもしれません。



母の日にカーネーション以外で嬉しいものは?

母の日、カーネーション以外で嬉しいものと言ったらやっぱりスイーツっていう女性が多いようです。 お花とお取り寄せのスイーツをセットで贈るのもいいですね。 バックや洋服などは、やっぱり個々に趣味があるので、なかなか難しいけれど、お花やスイーツは消えるもの。でも、もらって嬉しい気持ちはずっと心に残ります。

薔薇 や ガーベラ など、お母さんが好きな花を花束で贈ってあげても喜ばれるでしょう。手書きのメッセージカードなんて添えてもらったら、感動して泣いちゃいそうです。

母の日ギフトを楽天市場で探す

母の日ギフトをAmazonで探す

まとめ

私の母親もお花が大好きで、毎年鉢植えのカーネーションを贈っているのですが、お庭にいろいろな種類のカーネーションが咲き誇って本当に綺麗です。お水や肥料をあげる時も、もらった時の嬉しい気持ちが蘇ってきて、ほっこり嬉しい気持ちになるんだとか。 私は花より団子...お花も嬉しいけれど、美味しいスイーツが1番です(笑)