台風17号 18号 2015 進路の最新情報 米軍やヨーロッパでは?

9月1日に発生した 台風17号 に続き、本日( 7日 )早朝に 台風18号 も発生しました!! 今年で何度目!? というダブル台風発生です。 18号は発生間もないですが、既に日本付近に接近中で、今後の動向がかなり気になるところ...アメリカ海軍( JTWC )ヨーロッパ( ECMWF ) の台風進路予想図と共に、最新の進路予想を見て行きましょう。

アメリカ海軍台風情報 最新18号の進路 ヨーロッパ予想は?
※ 9月9日 最新情報

風17号 18号 2015 進路の最新情報( 9/7 )

0907_n1718go

※ 画像は、Yahoo! 天気 からお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。

Yahoo!天気 の5日間予想を見ても分かる通り、先に発生した 台風17号 よりも後に発生した 台風18号 が、日本列島への影響が強そうです。 台風17号 に比べると、規模が小さいように思いますが、このままの進路を行くと、本州上陸は間逃れないといった感じですね(汗)

通常だと、発生後かなり経ってから日本上陸という事が多いですが、ここまで接近していると、もう逃げようがないという状況。 台風18号は、早ければ、9日には本州上陸、10日・11日 あたりで、最も大きく影響を受けそうです。

スポンサーリンク

今週末に運動会や体育祭を控えている学校も多いので、気になるのは週末のお天気ですが、台風がギリギリ去ってくれて、小雨もしくは曇り空...と言ったところでしょうか? ただ、今後の台風の進行状況や速度によっては、また予想もだいぶ変わってくるので、今後も最新の台風情報をしっかりチェックしておくようにしましょう。

台風17号 については、本州上陸は回避出来そうな感じですが、非常に規模の大きい台風なので、沿岸部 や 海上 への影響がかなり強そうです。 台風18号 と合わせて警戒していく必要があります。

台風17号 18号 米軍 進路予想は?

台風17号( KILO )

0907_b17go

※ 画像は、米軍合同台風警報センターからお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。

米軍合同台風警報センター( JTWC ) で発表された最新の 台風17号 の進路です。 12/00Z = 12日/9時 になります。 ( 日本時間は、+9時間で見ます。)

台風17号 に関しては、日本の進路予想図とほぼ同じような進路を進んでおり、米軍予想と日本の予想とではあまり差がないように思います。 特に東北地方 や 北海道地方 の海上 や 沿岸部では、大シケ や 高波 などに注意が必要です。

台風18号( ETAU )

0907_b18go

※ 画像は、米軍合同台風警報センターからお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。

台風18号 に関しても、日本の進路予想とほぼ変わらないように思いますが、アメリカ海軍予想 の方が、若干、日本への上陸が早いように読み取れます。 ただ、共通して言えるのは、9日 ~ 11日 にかけて、最も警戒が必要という事でしょう。

今回のダブル台風は、17号 よりも 18号 の方が、本州の影響が強く出てくるでしょうから、今週いっぱいは、関西・四国地方を中心に、台風への備えをしっかりしておくようにしましょうね!!

台風17号 18号 ヨーロッパ 進路予想は?

0907do1718go

※ 画像は、ヨーロッパ中期予報センターからお借りしました。

9月2日に発表されていた ヨーロッパ中期予報センター( ECMWF ) の10日間の進路予想 では、確認出来ていなかった 台風18号 ですが、本日( 7日 ) の進路予想では、しっかりと 台風18号 が確認出来ていますね。

中心に緑色が濃く出ているほど、台風が強い事を表しているのですが、台風17号 に比べると規模も小さい印象。 また、ヨーロッパ予想では、10日にはほとんど形が崩れてしまい、日本海側へ過ぎ去ってしまっている様子も見られ、日本の予想 と 米軍予想 とは少し違った台風予想図が出ているようです。

それより気になるのは、早くも 台風19号のたまご らしきものが確認されている事!! 10日頃から予想図の画面上に現れ、沖縄地方の方向へと勢力を拡大させながら接近している様子が伺えます。 今後の動きも注意深く見ていきたいですね。

2015年9月 シルバーウィークの沖縄旅行 台風は大丈夫?

まとめ

一昨年は、日本列島にかなりの大打撃をもたらした 台風18号、例年、この台風18号は日本に大きな被害を出しており、今回の 台風18号 も規模は小さいながらも、秋雨前線の影響を受け、大雨 や 土砂災害 などに特に警戒が必要でしょう。 特に今年は早い段階から台風が次々と発生 ・ 上陸しており、地盤もかなり緩んでいる地域がたくさんあります。 台風が接近してからではなく、早め早めの対策を心がけて下さいね!!