2015 台風15号のたまご ヨーロッパの進路予想図 最新版!!

台風14号 はあさって 14日には温帯低気圧 に変わる予想...気象庁では、いまだ台風15号の発生については触れられていませんが、ヨーロッパ中期予報センター( ECMWF ) 最新版ではちょっとすごい事になっています。 進路予想図とともに見ていきましょう。

アメリカ海軍台風15号 16号の進路最新版 ヨーロッパ情報は?
※ 8月21日 最新情報

台風15号 16号 2015の進路最新ヨーロッパ予想 沖縄に直撃!?
※ 8月17日 最新情報

2015 台風15号のたまごはどうなった?

アメリカ海軍( JTWC ) でも、ヨーロッパ( ECMWF )の台風情報でも、台風15号のたまご( ヒルダ ) の存在が数日前から発表されているので、気象庁でもそろそろ発表があるのかな? と思っているのですが、今日現在( 12日 )は、まだ熱帯低気圧の存在さえも触れられていませんね。

ひょっとしてここ数日のうちに消滅しちゃったのかな!? と思い、米軍 と ヨーロッパの台風情報を確認してみたら、まだ存在してる!! しかも、10日間の台風の進路予想を発表しているヨーロッパ予想の進路図を見てびっくり...



台風15号 ヨーロッパの進路予想図がすごい事に!!

※ 8月9日時点の、ヨーロッパの進路予想図

do15go

※ 画像は、ヨーロッパ中期予報センターからお借りしました。

9日に確認した台風予想図では、13日(木)あたりから、台風15号のたまごと見られるものが予想図上に出現しており、さらに17日(月)頃から、台風16号(?)のたまごと見られるようなものが小さく出現しているのが分かりますね?

その件については、9日に書いた記事でも取り上げていました。
台風15号 2015 たまご? 今後の進路 米軍やヨーロッパでは?

台風15号 進路予想図の最新版は?

※ 8月12日、最新版のヨーロッパの進路予想図

0812_15go

※ 画像は、ヨーロッパ中期予報センターからお借りしました。

ところが、最新版のヨーロッパ中期予報センターの進路予想図は、12日から台風15号のたまごらしきものが姿を見せたと思ったら、13日には16号のたまごらしきものも発生。 15日頃からは、それぞれ大きく成長しはじめ、15号と16号と見られる2つの台風が揃って、日本へと突き進んできています。

特に16号と見られる台風は、どんどん勢力を強めている様子が見て取れ、22日以降はついに沖縄・日本列島ともに2つの台風が直撃か!? といった状況です。 あくまで予想なので、今後、台風の発生や動きは大きく変化していくでしょうが、このヨーロッパの予想図には驚かされました。

まとめ

現在、米軍予想でも 台風15号のたまご( ヒルダ ) の動向には警戒すべき熱帯サイクロンとして発表されており、日本の気象庁でも、あと数日もすれば、この熱帯低気圧の存在について発表される、もしくは台風15号発生となるのでは...と予想しますが、今後の台風15号、また台風16号のたまごの動向は注意してみていく必要がありますね!!