台風15号 2015 たまご? 今後の進路 米軍やヨーロッパでは?

8月に入っても台風発生が相次ぐ中、早くも 台風15号のたまご( ヒルダ ) がハワイで確認されているようです。 気になる今後の進路を、米軍( JTWC ) と、 ヨーロッパ( ECMWF ) の最新情報で見てみましょう。

台風15号 16号 2015の進路最新ヨーロッパ予想 沖縄に直撃!?
※ 8月17日 最新情報

2015 台風15号のたまご ヨーロッパの進路予想図 最新版!!
※ 8月12日 最新情報

台風15号 2015 たまご発生!?

日本の気象庁では、もちろんまだ台風15号のたまご ( 熱帯低気圧 ) の情報は流れていませんが、アメリカ海軍( JTWC ) と ヨーロッパ( ECMWF )の台風予想では早くも 台風15号 ( Hilda ) のたまご の発生が確認されています。

ハワイ沖となると、日本からはまだはるか遠く向こうになるので、今のところ心配する要素はありませんが、このまま熱帯低気圧から台風15号に確定されたのちの進路が気になるところです。

台風15号の進路 米軍では?

米軍合同台風警報センター( JTWC ) の台風15号、最新の進路予想です。 14/06Z = 14日/3時 になります ( 日本時間は、+9時間で見ます。)

2015-08-09_22h52_50

※ 画像は、米軍合同台風警報センターからお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。

米軍予想を見る限りは、14日にはハワイをすっぽり覆うような形で進路を進めていますね。 米軍予想以上に分かりやすいのが、ヨーロッパ予想です。

スポンサーリンク

台風15号 進路予想 ヨーロッパでは?

ヨーロッパ中期予報センター ( ECMWF ) は、10日間の進路予想を発表しているため、10日先の進路については、今後だいぶ変わってくる事も予想されますが、日本の気象庁や米軍予想に比べて視覚的に分かりやすいので、私はよくチェックするようにしています。

do15go

※ 画像は、ヨーロッパ中期予報センターからお借りしました。

ハワイで発生した台風15号のたまごは、そのまままっすぐ日本へ直進...沖縄へ進路を向けているようにも思います。 しかも、台風15号の後ろには、台風16号も!? あくまでも予想になるので、今後の最新情報を確認する必要がありますが、台風15号は日本への影響も懸念されるので、注意して見ていきたいですね。

まとめ

台風13号は沖縄に多大な被害をもたらしましたが、台風14号は日本列島を沿う形で進んでおり、直撃は間逃れそうです。 台風15号が日本へ直進してくれば、再び大きい被害も予想されます。 熱帯低気圧のまま消えてくれることを願います。