台風 JTWC米軍予想 11号の最新情報と進路は?

7月4日に、マーシャル諸島で発生した 台風11号( ナンカー )について、JTWC( 米軍合同台風警報センター )での、台風11号の最新情報と進路についてまとめてみました。 日本の気象庁との発表とも合わせて見ながら、今後の台風11号の動きをしっかり見ていく必要がありそうです。

台風 JTWC米軍 11号が日本に直撃と予想!?

大型台風11号 の動きが気になるところですが、米軍合同台風警報センター では、今回の台風11号 が九州南部 ・ 四国を直撃するのでは? と予想しているようです。 米軍の台風情報は、自国の兵士の命を守るために発表している情報で、かなり正確であると言われているので、来週末あたりにかけての台風11号の動きには目が離せませんね。

台風9号が、沖縄に大きな爪痕を残して去っていったところ...今回の台風11号も、かなり規模の大きい台風なので、九州 ・ 四国地方の方々は、台風への備えをしっかりしておく必要があるでしょう。 また、台風接近前は、かなりの猛暑に見舞われる予想なので、熱中症対策もしっかりしておくようにして下さいね。 熱中症の発生率が1番多いのは、梅雨明け以降の今からが本番です。

2015年 台風11号 沖縄への影響は!?

台風11号 16日 大阪への進路予想は?

台風 米軍の最新情報は?

最新情報では、16日には奄美大島に接近する予想が出ています。 来週末には、三連休が控えているので、お出かけの予定を立てておられる方も多いでしょうが、ここまで立て続けに台風が発生するとは思いませんでしたね。 この時期に、台風が3つ以上発生するのは、なんと、13年ぶりの事なんですよ!!

米軍の進路予想で、最新の台風11号の進行状況が発表されていますが、台風9号の動きによっては、また若干進路も変わってくるでしょう。 このまま消え去っていってくれる事を願うばかりですが、その願いは叶いそうにないので、常に最新の台風情報をチェックしておくようにしておきましょう。

スポンサーリンク

台風 米軍の進路予想は?

米軍合同台風警報センター の台風進路予想です。 16/06Z = 16日/15時 になります。( 日本時間は、+9時間で見ます。) 沖縄、九州をはじめ、中国、四国地方もすっぽり暴風域に入っているような状態ですね。 15日 ~ 16日にかけては、台風だけでなく大雨にも警戒が必要です。

screenshot_06

※ 画像は、米軍合同台風警報センターからお借りしました。
クリックで、大きい画像になります。

まとめ

米軍合同台風警報センターによると、13日(月)15時頃 を過ぎたあたりで、台風11号に続き、もう1つ 「 HALOLA 」 と言う台風の発生が予想されています。 もしかすると、また再びトリプル台風となる恐れもあります。 近年、何かと自然災害の多い日本、備えだけはしっかりとしておきましょうね。

台風12号 2015年予想 上陸の恐れは!?
( HALOLA 情報 )