結婚式の招待状の宛て名 手書きが下手 印刷は失礼?

097817

結婚の報告も一通り済み、さて次は結婚式の招待状!! 生まれて初めての作業なので、分からない事も多く不安ですよね。 結婚式の招待状の宛て名の書き方や手書きや印刷についてまとめてみました。



スポンサーリンク

結婚式の招待状の宛て名の書き方は?

使用するペンは?

ボールペン は絶対ダメです。 墨を使った毛筆 や 筆ペン、万年筆 などで書きましょう。

宛名は、横書き? 縦書き?

横書き封筒の場合は、横書き。 縦書き封筒の場合は縦書きでいいでしょう。

郵便番号は?

「 〒 」は、入れません。 「 123-4567 」という形で書きましょう。

ご夫婦に出す場合は?

まず、ご主人の名前を書き、親しいご友人や親族の場合は、奥様を名前で「 ○○様 」と書き、そうでない場合は、ご主人の名前の下に、「 御奥様 」や「 奥様 」「 令夫人 」 というように添えて書きます。

ご家族に出す場合は?

ご主人の名前の下に、「 御家族様 」と添える形でもいいですが、親族や親しい方に出す場合は、ご主人の名前の下に、家族全員の名前を… 小さい子どもさんに宛てる場合は、「 ○○ちゃん 」「 ○○くん 」と添えて書くといいです。

結婚式の招待状 手書き 下手な場合

自分が招待状をもらう立場だと、やっぱり手書きが嬉しかったりしますが、どうしても手書きは字が下手だから苦手という方もおられるでしょう。

手書きにこだわる場合は、お金はかかってきますが、筆耕士さんに依頼して書いて頂く方法もあります。 表書きで1枚、150円前後といったところが相場でしょうか? 名前のみや、「 名前 + 住所 」、「 名前 + 住所 + 連名 」 など、書く項目が増えると値段も変わってきます。

少し時間がかかりますが、招待状を出すまでに時間に余裕がある場合は、地域のシルバー人材センターで筆耕依頼されるのもおすすめですよ!! 料金は、「 名前 + 住所 」 でも100円以下の場合が多いですし、連名でも+ 30円程度です。

地域によって値段や納品期間などが違うので、お住まいの地域の役場で問合せしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

結婚式の招待状 印刷は失礼?

ご年配の方や古い考えを持っている方が受け取ると、宛て名が印刷をあまり好ましく思われない事もあるかもしれませんが、近年では宛て名を印刷する方も増えていますし、まるで筆で書いたような毛筆の美しい書体で印刷されるので、印刷 = 失礼 にはあたりません。

結婚式にご招待される方に特別気難しい方がおられないようでしたら、印刷で大丈夫でしょう。 ただし、ダイレクトメールのようなシール印刷だけは絶対にやめておきましょう!!

まとめ

たかが招待状、されど招待状、この招待状1つであなたの印象が左右される事もあります。 結婚式の招待状の宛て名に関して、特に旦那様のご親戚や会社に送る分に関して不安がある場合は、お義母さまや身近な方に1度相談されてみるといいですよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA