入学式の母親のコサージュの位置は左右どちらが正しい?

ご入学おめでとうございます^^ 入学式も間近に迫り、子どもさん以上にソワソワドキドキしておられるのではないでしょうか? さて、入学式の母親のスーツに欠かせないモノと言えばコサージュですが、いざ準備しようと思った時に、大きさや色合い、左右どちらに付ければいいのか、位置はどの辺り!? と悩む事もしばしば...それぞれのお悩みについて回答をまとめてみたので、参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

入学式の母親のコサージュは?

卒業式のスーツはブラックやグレーなどダークカラーで、コサージュはホワイトやシルバー、ブラックを付けてご出席された方も多いでしょうが、入園式 や 入学式では、ホワイト や ピンク など明るめのカラーのスーツで出席される方も多いでしょうし、コサージュは卒業式の使い回し...ではなく、できれば春を迎えて新生活に心が躍るような明るく華やかなコサージュを付けていくといいですね^^

例えば、こんなコサージュ♪

クリームラナンキュラス と オーガンジーリボン のコサージュ

20代、30代 の方でしたら、結構ボリュームもあってパッと目を引くようなコサージュがいいでしょう。 大ぶりのラナンキュラスがあしらわれたものだと、それだけで華やかさが増しますし、オーガンジーリボンでさらに可愛らしい印象に。

カメリア と パール、ラインストーンの上品なコサージュ 

30代後半から40代の方でしたら、上品でエレガントなコサージュを付けた方が落ち着きがあって良いですね^^ カメリア をモチーフにしたコサージュはシンプルですが、パール や ラインストーン で華やかな印象です。

入学式のコサージュの位置は?

ノーカラージャケットの場合

コサージュの位置ですが、ノーカラーのジャケットであれば、胸より少し高い位置、鎖骨に近いところに付けるとモッサリした感じがなく、より華やかにコサージュが引き立ちます。

入学式ノーカラージェケットスーツ

襟のあるジャケットの場合

襟のあるスーツの場合は、襟の外側部分にピン、もしくはクリップで...ちょうど胸上部の位置辺りにくるように持ってくるといいでしょう。 襟がちいさいジャケットの場合は、胸ポケットがくる辺りにコサージュを付けるといいです。

入学式ラメミックスツイード×サテンジョーゼットテーラードスーツ

スーツのデザインによっては、腰元にコサージュを持ってくるものもありますが、特に決まった位置はないので、全身コーディネートされた時にバランスの取れた位置にコサージュを持ってくるようにするといいですね^^

入学式のコサージュは左右どちらに付ければいい?

着物の前合わせに右前か左前か...の決まりがあるように、コサージュにも左右決まった位置があると思われている方も多いでしょうが、実はコサージュには特に右左決まった付け位置がある訳ではないので、どちらに付けてもマナー違反ではありません。

ただ、正面から見られた時に、右側にコサージュがある方が、より視線を集めやすいので、自分自身から見て左側の胸にコサージュを付けるのが一般的です。 髪を横にまとめた時に左側のコサージュが邪魔になる時は右側に付けてもいいですし、ご自身の好きな方向で付けるといいですよ。



コサージュの上下はあるの?

これについても特に決まりはないのですが、基本的には茎の部分が下になるように作られているので、茎が下になるようにして付けるようにしましょう。 茎の部分もなく、上下がよく分からないコサージュでしたら、実際に付けてみた時に鏡で確認してバランスの取れた向きに合わせて付けるといいですね^^

まとめ

入学式のコサージュに関しては、特にこうでなければいけません...というマナーや決まりがある訳ではないので、あまりかしこまって考えなくても良いですが、子どもさんのせっかくの晴れ舞台...お母さんにとっても特別な日になるので、少し気合いを入れていきたいですね♪ 素敵な1日になりますように...