熱中症対策グッズ 暑い工場では首を冷やすのがおすすめ?

真夏の工場現場、冷暖房完備で快適な職場なら問題なしですが、扱う製品の関係上、また高温の窯などがあり、冷房では冷やしきれない職場などでは、毎年夏は灼熱地獄とも言えるでしょう。 そんな工場現場で働くお父さんの熱中症対策やグッズ、おすすめをまとめてみました。

スポンサーリンク

熱中症対策 に役立つグッズ 工場現場編

熱中症は、高温の状態が長き発汗して、体内の水分や塩分が失われることで、汗が蒸発せずに熱がこもってしまったままの状態になった結果、体内の熱が外へ放出されなくなってしまう状態を言います。 屋内であっても、高温状態が長く続く工場現場では熱中症とは常に隣り合わせの状況だと言えます。

こまめな水分の補給は第一ですが、ただ単に水分を補給するだけでは駄目です。梅干しや塩飴などを食べて水分補給する事や、スポーツドリンクを飲む事も大切。ただ、あまりに暑いとスポーツドリンクは甘みもあって、逆に喉の渇きを助長させてしまう事もあるようなので、ミネラルたっぷりの麦茶を飲むのもおすすめ、麦茶には体を冷やす働きがあります。

最近は、熱中症対策用の塩飴も多く販売されています。暑い工場現場で働くお父さんには常備させてあげるといいですよ。

熱中症対策 グッズは首を冷やすアイテムがいい?

熱中症対策用の首を冷やすグッズ、いろいろな種類が販売されていますよね? 冷やしたジェルを布で巻いたタイプの物や、水を吸収させて首に巻くタイプの物などが主流ですが、暑い工場現場では冷やしたジェルはすぐに生ぬるくなり、かえって気持ち悪くなってしまいます。

水を吸収させて首に巻くタイプの物は、気化熱を利用して、首の熱を外に放出させるので、布が乾いてきたらそのたびにまた水を吸収させればいいし、長い仕事時間ずっと続けて使う事が出来るので、おすすめです。


熱中症対策グッズ おすすめは?

休憩時などは、冷房の効いた部屋で一気にクールダウンしたいところでしょうが、急激な温度差でかえって体がバテやすくなってしまいます。 汗をかいたシャツはすぐに着替えて、脇や首など、頸動脈(太い血管)が通る部分を冷やすのが効果的。

脇や首を冷やすクールアイテムはかなり使えますよ。休憩時間だけなら、額に張る熱を冷ますシートも役立ちます。

まとめ

うちの主人も夏場はかなり暑い職場で働いているのですが、夏の熱中症対策に欠かせないのは、やっぱり麦茶(毎日2リットル)と、塩飴、梅干し、それから首を冷やすアイテムです。 暑い中頑張って働いてくれているお父さん、帰ってきたら美味しいビールとお疲れ様の笑顔で迎えてあげましょうね。 暑い夏を頑張って乗り切ってもらいましょう。