耳の下が痛い子供の熱なしの場合の対処法 病院は何科?

夜になって子供が急に耳の下がズキズキ痛いって泣いて訴えてきたら焦りますよね...熱はないようだけど、病院に行くまでにどういった対処をしたらいいか、また翌日、病院に行くなら何科に行くのがベストか...などをまとめています。 参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

耳の下は痛いが子供の熱なしって場合は?

昼間は元気そうにしていたのに...夜になって急に痛みで泣き出してしまう事、うちの息子達が小さい時もよくありました。 発熱はある場合は 『 おたふくかぜ 』『 急性中耳炎 』 『 リンパ節炎 』 などが疑われますが、全く熱がないのにズキズキと痛がる場合にはどんな病気が疑われるのでしょうか? いくつかあげてみました。 まずは、症状を照らし合わせてみて下さいね。

外耳炎( がいじえん )

耳の穴の中から鼓膜までの間の部分に炎症が起こる事で痛みを伴います。 耳の中が痛む事もありますが、耳を触ったり引っ張ったりする事で、耳の下の方に痛みを感じる場合もあります。

耳かきの時に外耳の部分を傷付けてしまって起こる事が多いのですが、子供の場合、特にこの外耳の皮膚が薄く傷付きやすいので注意が必要です。 自分で耳の中に指を突っ込んで掻いたりしてなってしまう場合もあります。

反復性耳下腺炎( はんぷくせいじかせんえん )

はっきりとした原因はよく分かっていない症状なのですが、耳の下にある唾液を作る分泌腺『 耳下腺 』という部分が腫れて痛みを伴います。 激しい痛みではないのですが、ズキズキとして子供にとっては少しツライ痛みですね。

症状的に『 おたふくかぜ 』 と間違われやすいのですが、発熱はありません。 また、おたふくかぜに比べると、痛みは軽めです。 ただ、初期症状だけで判断は出来ないので、しっかり病院に受診して判断してもらうようにしましょう。

反復性耳下腺炎 であれば、腫れは片方だけで他人にうつることはなく、2・3日もすれば腫れも治まってきます。

外傷性鼓膜穿孔( がいしょうせいこまくせんこう )

なんらかの要因で鼓膜が破れてしまう症状です。 子供の場合、耳かきや綿棒などを深く付いてしまう事が原因の場合が多いのですが、例えば飛行機に乗っている時や水に深く潜った時、爆風や爆音、平手できつく叩かれた時など外的要因で大きな圧がかかった時などになる場合もあります。

熱は出ませんが、耳が聞こえにくかったり、ずっとキーンとした耳鳴りと痛みが伴います。

耳の鼓膜が破れてしまったら、一生耳が聞こえなくなってしまうのでは!? と心配になってしまいますが、耳の鼓膜はちゃんと再生するので安心して下さいね^^ だいたい2週間 ~ 1ヶ月くらいでもとに戻ります。



異物が耳の中に入ってしまっている

子供は興味本位で鼻の穴とか耳の穴などに、小さいゴミ や ぶどうやみかんの種、ビービー弾 などを入れてしまう事があります。 うちの息子が小さい時も、耳の痛みを訴えて病院に連れて行ったら、耳の中から小さい石ころが出てきた事がありました。

耳かきなどで無理に取ろうとすると、逆に奥に押し込んでしまう事もあるので、自分でどうにかしようとしないようにして下さいね^^;

虫歯が原因

奥歯などに虫歯が出来ていて、その痛みが伝染したり細菌の感染によって耳の下に痛みが伴う事もあります。 耳の下を痛がった場合、歯の痛みがないかも確認するようにしましょう。

耳の下が痛い 子供の対処は?

夜にひどい痛みを訴えた場合、夜間救急診療にかかるしかありませんが、これらの症状で痛みも比較的軽い場合は、夜中に急いで病院にかからなくても大丈夫です。 ズキズキとした痛みのせいでなかなか寝付けないかもしれませんが、添い寝をしてあげるなどして落ち着かせてあげましょう。 そのうちに疲れて眠ってくれます。

翌日には必ず病院に連れていって、お医者さんにしっかり診断してもらうようにして下さい。 熱はないから...と、そのまま何日も様子を見るなど放置しないようにして下さいね。 対処法を怠ってしまうと、症状がひどくなってしまいかねません。

耳の下が痛い場合 子供の病院は何科に行けばいい?

子供の病気の受診でまず浮かぶのは 小児科 ですが、耳の痛み...となると、小児科に行くべきか、耳鼻科に行くべきか悩む所ですよね。 子供は大人のように、自分の症状をうまく伝える事が出来ないので、よけいに分かりづらいです。

通常の病気の場合は小児科受診でいいですが、耳の場合、小児科では処置出来ず、耳鼻科の方へ促される事もあるので、はじめから耳鼻科へ行かれる方が良い場合もあります。

ただ、耳の痛みは初期症状で何か他の病気が潜んでいるという場合もあるので、小児科も耳鼻科も歯科も入った総合病院に行かれる事をおすすめします。 総合病院の窓口で症状を伝えれば適切な診療科へ案内もしてもらえますし、もし他の診療科に促される場合でも、同じ病院内の移動で済むので、いくつかの病院を転々とする...などという心配もありません。

まとめ

初日は耳の下の痛みだけだったりしても、翌日以降に熱がグッと上がる場合もありますし、子供の様子をしっかりみてあげつつ、早めに病院に連れていってあげるようにしましょう。 耳の症状は、早め早めの診断が大切です。 早く良くなるといいですね^^