シミやそばかすに10代から悩む女性へ隠し方や改善方法のご提案

小学生の頃はさほど気にならなかったシミやそばかす、高校生くらいになってくると、おしゃれやお化粧にも関心が高くなってきて、これまで気にならなかった顔のシミやそばかすが急に気になってきて、すぐにどうにかしたいっ!!と思っている人も多いでしょう。 シミやそばかすはお手入れをしてもすぐには消えません。上手に隠す方法や改善方法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

シミ そばかず10代から悩んでいる方へ

若いうちから出来るシミやそばかすは、さまざまな原因がありますが遺伝的な影響であったり、主に思春期に出来るものであったり( 思春期を過ぎると消える場合もあるようです )ストレスや睡眠不足などがあげられますが、1番の大きな原因は紫外線です。

それと、特に色白の方に出やすいように思います。うちの場合もそうですが、もともと地黒だった私と違い、色白の姉は小さい頃から頬と鼻の頭にそばかすが出ていて今はそれがそのまま濃くなってシミになってしまっている感じです。

さまざまな要因はあるものの、まずは夏場だけでなく1年中日焼け止めでUV対策を怠らない事が大切。10代という事で、あまり高価なスキンケアアイテムは買えないでしょうが、今はドラッグストアなんかでも美白系のスキンケアが多く出回っています。ビタミンやアルブチンなど、美白に効果が期待できる成分の配合されたアイテムでスキンケアをおすすめします。

シミ そばかす の上手な隠し方

シミやそばかす、毎日ケアしてもすぐに消えて無くなる訳ではありません。 肌のターンオーバーが繰り返されて徐々に薄くなっていくという過程が必要だし、また全てを完全に消してしまうには皮膚科のレーザー治療などが1番有効だと言われています。

そろそろお化粧などもされる頃でしたら、コンシーラーというアイテムを使って、隠す事も出来ます。コンシーラーとファンデーションを併用させる事で、見た目にはキレイにシミやそばかすが消えてしまいます。

スポンサーリンク

コンシーラーの選び方

1番使いやすくてカバー力があるのは、スティックタイプのコンシーラーです。色は、ファンデーションより少し暗い色を選ぶといいですよ。明るい色だと浮いてしまい上手く隠すことができません。目元に使うと乾燥しやすいので、目のまわりなどにはクリームタイプがおすすめです。

コンシーラーの使い方

シミやくすみのきになる部分にポイントで塗っていって、あとは指を使って軽く叩くような感じで肌に馴染ませていきます。 隠しきれていない部分には、もうひと塗りポンポンと重ねていきますが、ムラになってしまうので、厚塗りにならないよう注意して下さいね。

最後の仕上げ

あとは肌全体に、ファンデーションを軽くはたきながら仕上げていきます。 パウダータイプのものを使うと、より自然な感じに仕上げられますよ。

私が愛用しているコンシーラーはこれ

シミ そばかす 改善方法は?

UVケアで紫外線対策、スキンケアなどで外側からのケアも大切ですが、内側からのケアも重要です。シミやそばかすに効果が期待できるサプリメントも出回っていますが、ビタミンAやビタミンCなどを多く含む野菜や果物で補っていくことも大切。

ビタミンAを多く含む食材

にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・にら・すいか・マンゴー・レバーなど

ビタミンCを多く含む食材

ピーマン・ブロッコリー・パセリ・きゃべつ・レモン・いちご・アセロラ・キウイなど

レバニラ炒めや野菜ジュースなど、毎日の生活の中で工夫しながら摂りいれていくといいでしょう。 たまには、サプリメントに頼ってもいいかも♪

まとめ

文中にも書きましたが、シミやそばかすの原因は1つではありません。不規則な食生活や睡眠不足、ストレス過多など紫外線以外にも原因がある場合もあるので、毎日を健康的に過ごす事を意識しながら肌ケアや美白ケアしていく事が何より大切です。 私みたいに年齢を重ねると、生活習慣やスキンケアだけではなかなかシミは改善されません。若いからこそ、肌の生まれ変わりも早いので、あきらめないで頑張ってケアして下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA