ストックイラストで成功できるのはたった一握りの特別な人だけ?


背景画像 by **sea drop** さん

ストックイラストにイラストを投稿しているけれど、なかなか成果が出せない。 気持ちばっかりが焦ってイラストを描く事が楽しくなくなってきてしまった。 自分には続けられそうにない...と凹んでいませんか? 今回はそういう方に向けて、私の体験も交えて記事を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

イラストを描く手が止まってしまう

ストックイラストを始めたばかりの頃は「 どんなイラストを描こうかな? 」とワクワクしていたのに、描き続けているうちに、それがなかなか成果に繋がらなくて焦りや不安が出てきて何を描いていいかも分からない、成果をあげている人は特別、自分には無理かもと思ってイラストを描く手が止まる...という悪循環に陥ってしまっている人は少なくないと思います。

以下の記事でも書いていますが、PIXTA にイラスト投稿していた時の自分はまさにそんな心境でした。

PIXTAにイラスト投稿したけど全くDLされず心が折れてしまった話(2)
ストックイラストサイトにイラスト投稿をしているけれど、全くダウンロードされないって話はよく聞くかもしれませんが、この記事では私が実際に PIXTA( ピクスタ ) に1ヶ月間イラスト投稿を続けてきたのに、全くイラストがダウンロードされず、心が折れてしまった時のお話をしますね^^;

成功できるのはたった一握りの人だけ?

ストックイラストに限らずですが、どんな分野にでも既に成功して成果をあげている人がいます。 「 スタートが早かったから 」「 特別な才能があったから 」「 運が良かったから 」というのは少しの要因としてあるかもしれません。でも、それはほんの少しの要因です。

ブレークスルーって言葉をご存知ですか? アスリートなどスポーツ選手によく使われている言葉ですが、毎日毎日コツコツと練習を続けてきて、突然開花したように困難から脱出して成果をあげる事です。

【 成長のイメージ 】

人の成長曲線って毎日のコツコツとともに平行して徐々に成長していくってイメージがありますよね。 でも、実はそうじゃないんです。

実際は毎日コツコツ続けていても、なかなか成果は現れません。 一生懸命続けているのにそれがなかなか成長や成果として結果に繋がらないので、それがすごく苦しいのです^^;

【 ブレークスルーポイント 】

人の成長曲線は上の図のように大きなカーブを描いていて、このブレークスルーポイントに達した時に爆発的に成果が現れると言われています。

コツコツ重ねた時間だけ成長するという理想の成長曲線と赤の現実の成長曲線、このギャップが大きいから苦しい。 だから「 やっぱり自分には無理だ 」「 これだけ続けても成果が出ないのは才能がないからだ 」と、ブレークスルーポイントに達する前に諦めてしまう人が多いんです。

人によってはそれがブレークスルーポイントの目前だったりするんです。めちゃくちゃ勿体ないですよね、今までのコツコツと続けてきた事が水の泡になってしまうんですから^^;

スポンサーリンク

端的に言うとコツコツと継続していればいつか必ず成果が出せるという事です。 多くの人は苦しい状況のままコツコツと継続していくという事が苦手ですから、ある意味、成功できるのはたった一握りの人だけなのかもしれません。

でも今、ストックイラストに限らず成果をあげている人は、そういうコツコツと地道に継続していく事を諦めなかった人だと言えるんです^^ だから何も特別な才能ではないって事なんですよね。

ブレークスルーポイントを信じているから継続できる

ストックイラストはまだ始めたばかりで、まだブレークスルーポイント前の段階にいる私ですが、実はこのブレークスルーポイントというのを人生で2度経験しています。 何度も途中で挫折して諦めそうになったし、自分には才能はないのかな? やっぱり無理かな?と諦めそうになっていました。

でも、一緒に頑張っている人がまわりにいる環境だったり、絶対に成果を出したいという自分の気持ちだったり、そういう事を継続のチカラに変えてひたすらコツコツ継続して、ある日突然バーン!!と爆発的に大きな成果が出せました。

そういう経験があるからこそ、今ストックイラストで大きな成果が出せず、毎日コツコツとイラスト投稿を続けていく作業は時に苦しいなと感じる事もあるけれど、でもいつか必ず大きな成果を出せるようになるんだって信じて継続する事が出来るんです^^

自分以外の誰かのためを思って行動するマインド

コツコツ継続するという事も大切ですが、私自身それに加えてもう1つ大事だなって思っているのが、自分以外の誰かのためを思って行動するというマインドです。

以前、投資でめちゃくちゃ大きな利益をあげている成功者の話を直接伺う機会があったのですが、その方が「 何でもそうだけど、自分だけ1人勝ちする事ばっかり考えている人は一時の成功は出来てもそれは長く続かない。困っている人のチカラになってあげる、自分がうまくいった方法を教えてあげる。そういう風に人に与えてあげる人にならないと絶対に成功は続かない。」とおっしゃっていました。

私もその方の言う事は本当にまったくその通りだなって思っています。 だから、なにかする時は自分の事だけを考えず、自分のちょっとした成功体験を発信したり、常にどうしたら喜んでもらえるかな?と考えて行動するようにしています。

小さな事で言えばイラストを描く時も「 どういうイラストを描いたら喜んでもらえるかな? 」と考えながら描いたり、Twitterで発信する時も「 これするとうまくいったよ? 」と、より良い情報を発信するようにしたり。一緒に頑張っている人を心から応援してあげるとか。

妬みやひがみの感情、自分の成功しか考えない行動、後ろ向きな感情ばっかり持ってコツコツ継続しても、その先に成功はないだろうと思っています。

ストックイラストの分野でもそうだし、スポーツなどさまざまな分野で成功をおさめている人は、やっぱり自分だけの事を考えず、「 どうしたらうまくいったか 」自分の経験をおしみなく発信しておられる印象です。

まとめ

ストックイラストでまだまだ大きな成果を出していないヤツが偉そうな事語ってるんじゃないよー!って怒られてしまいそうですが、文中にも書いた通り私はまだブレークスルーポイント前でコツコツ継続途中...でも過去にブレークスルーポイントを経験したからこそ、絶対にこの継続は成果に繋がると確信しています。 なかなか成果が出せず苦しい渦中にいる人も多いかもしれませんが、是非諦めずに一緒に頑張っていきましょう^^

イラストACに投稿2ヶ月で 5,000pt 超えるために私が実践した5つの事
ストックイラスト初心者はどこでイラスト投稿するのがおすすめ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました