ダイエット辛いやめたい続かないのはなぜ?継続のコツは?

ダイエットが辛くてやめたい、何度やっても続かないと悩んでいませんか。自分に根性が足りない、やる気がないなどと思っていませんか?それは違いますよ、継続は根性でするものではないんです、特にダイエットは身体の調子が大きく関わります。辛いのに続けていたら身体に異常が出るかもしれません。自分が辛いと思うなら、それは自分にとって良くないことなんです。ただそのやり方が良くないだけなんです。今回はそんな辛いダイエットをしている方にお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

ダイエットを辛いやめたいと思う理由

ダイエットを辛いやめたいと思う理由は人によって若干違うと思いますが多くの人は同じです。

食事を抜くのが辛い

食事が大好きな人は特にこう感じます。初めはやる気があって我慢できますが、日が経つにつれ体調が悪くなったり、イライラしたり、おいしそうなものが食べれない辛さに我慢ができず自分には無理だと感じます。

運動が嫌い

元々運動が嫌いだけどダイエットのために頑張ってやろうと決めて多少しんどくても頑張っています。運動が嫌いなのでできるだけ早くダイエットを終わらせて運動を終わらせようとして無理をして強い筋肉痛や関節の痛みなどが出て運動が嫌になります。

ダイエットの効果が見えない

我慢して頑張っているのになかなか結果が出ない、出たとしてもホンの少しで自分の頑張りに見合っていないと思い辛くなります。

大きくこの3つではないでしょうか?もしこう思ったことがあるなら、それはいたって普通のことです。今まで食べていた食事をいきなり減らせば体は異常だと思うでしょう。今までスポーツなどで体を動かしていない人が強い運動をすれば体はついていけないでしょう。人の体のことを理解している人なんてそう多くは居ません、自分の体がどのような変化をしているかはその道のプロじゃない限り分からないでしょう。つまりあなたが感じたことは普通のことなんです。だから続かないのは何故なのかをちゃんと知ってもらいたいです。

ダイエットがなぜ続かないのか

 
先ほど出ましたが辛いやめたい理由がありましたよね。それはダイエットをしている人はたいていの人が感じたり思ったりすることなんです。それでも続く人がいますし逆に続かない人もいます。辛くやめたくなって続けられないのにはしっかりとした理由があります。

目標に問題があるかも

目標の設定はダイエットじゃなくてもよく言われていることですが、私が伝えたいことは目標の設定のやり方に問題があるのでは?ということです。目標を決めることは良いことですし、目標がなければモチベーションが保てない場合もあります。でもその目標が実現可能なことかどうかというところが問題なんです。

ダイエットの知識が少ない

ダイエットに関する知識が少ないと、TVやネットででパッと流れた情報などを実践する場合が多いと思います。1ヶ月で10kg痩せた人がいるから私にもできるはず・・・というように。TVやネットの情報が嘘というわけではありません。ただ情報が断片的過ぎで足りていないんです。

正しい情報が必要

ダイエットを本当に成功させるには多くの情報が必要です。これは自分で全て身につける必要はありません。例えばダイエットを勧めている病院の先生やスポーツジムのトレーナーにその都度ダイエットの方法を聞いて行動すれば成功率はグッと上がります。だから自分一人だけでダイエットをすると方法を間違いやすいんです。

ダイエットの間違いとは?

間違ったダイエットとは・・・続けることができないダイエットです。TVなどでダイエットを成功している人にも必ず辛いこと、時期があります。ただその人たちはその辛いときを乗り越える方法や、そもそも辛くならないようにしています。そこが情報の足りない部分なんです。

ここまで長くなりましたが、ダイエットを継続させるコツをお話していきます。


ダイエットを継続させるコツ

継続させる方法を全部書くとかなり大量になるので、大きい部分だけ紹介します。

目標を実現可能なものにする

ダイエットを始めるときにどんな目標を立てますか?「 5kg痩せるぞ! 」とか「 こんな服が着れるようになりたい 」「 綺麗な体形 」になりたいと大きな目標を立てます。それはいつかは実現可能ですし凄く良いことです。でもここに1ヶ月以内にという言葉を付けるとどうでしょうか?本当にそれは実現可能なのでしょうか?最終目標があるなら次は実現可能な小さな目標を決めてみましょう。

急がず辛くないことから

この部分を多くの人が間違っています。急ぎたいすぐさま痩せたいんです、辛いのを長くしたくないんです。分かります...私もそうでした。でも急いで無理して辛いと続きません。食事を制限する場合なら、例えばジュースを飲む量を10ml減らし、次の日もしくは次の週もう10ml減らします。次の日もしくはと言ったのは自分でいけるな!と思ったら減らせば良いってことです。自分のペースが大事なんです。

自分のペースをつかむ

先ほど言っていたペースはかなり遅いと思います。もしかしたらダイエットの効果は少ないかもしれませんが少しでも前に進みます。体は正直です、糖分を抜いたりカロリーを抜くと体が拒否反応を起こします。でもそれはあなたが辛いと感じることと全く同じです。自分自身の感覚も体もダイエットを続けるには段階ごとに常に準備期間が必要なんです。急ぐことは準備無しに始めていることと同じなんです。

人の体はよく出来ていて、環境が変わったりしてもしばらくすると慣れてくれます。冬の初めは急に寒くなってきついと思いますが、冬の終わりになると辛さはそれほどではなくなっています。ゆっくりするというのは遅くするという意味ではありません。自分の体が慣れるまで待ってあげる時間を作ってあげて欲しいということなんです。慣れてきたら少し減らすを続けることそれが自分のペースなんです。
ダイエットがうまくいかない長続きしないと悩んでいませんか?頑張って食べないようにしているのに・・・運動も頑張っているのに・・・と成果...

まとめ

 
ダイエットってホント大変です。でもやり遂げた後には必ず目標にしていた自分の身体が在ります。その身体は周りの誰かが作ってくれるのではありません。あなたの身体なんです、あなたが優しく育ててあげてください。自分に甘くて良いじゃないですか^^ 自分ができるペースでゆっくり進むことが肝心です。他にもたくさん書きたいことがありますが、また次にお話していきますね。

スポンサーリンク