火星人マイナス2018年の運勢と結婚時期 相性が良いのは?

細木数子先生がTVに出て、六星占術という占いの事を世に広めておられたのは、もうずいぶん昔の事ですが、12年の運気の流れ、月の運気など、今もなお参考にしておられる方も多いでしょう。 さて、火星人マイナスの方の2018年( 平成30年 )の運勢はどうなっているのでしょう? 気になる恋愛や結婚などを中心にまとめてみました^^ 月運の流れも載せています。 参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

火星人マイナスの2018年の運勢は?

2018年( 平成30年 )、火星人マイナスの運気は 緑生 です。 2017年から続いての好運気なので、2018年も火星人マイナスの方にとっては穏やかな日々が待っているでしょう。 ただ穏やかな日々の中で何もせず淡々と過ごしていては幸運は掴めません。 この緑生の運気では、人との出会いにも恵まれるので、どんどんと行動範囲を広げて、さまざまな事を自分からどんどん吸収していくようにしましょう。

それは恋愛に関しても言える事で、ブルゾンちえみ流に「 探さない...待つの! 」 なんて受け身で待っていてはいけません。 自分の足でしっかり出向いて、行動しましょう^^ ただ、緑生の時期は焦りは禁物です。 2017年にまいた種が、ようやく芽吹いたばかりの2018年...発展を急いでしまうと、若い芽がポキッと折れてしまいかねません。 素敵な出会いがあれば、水や肥料をやり、根気よく育てるつもりで、相手との関係をゆっくり育てていきましょう。

学業や仕事に関しても、自分の思うような結果がすぐに出ないとしても、コツコツ地道に努力して継続する事を忘れないでください。 この緑生での地道な努力が、翌2019年の立花 で大きな成果をもたらしてくれます。

細木数子さんの六星占術による火星人の運命は楽天市場で

火星人マイナスの結婚時期は?

緑生の時期は良い出会いに恵まれても、先程言ったように、発展を急がないことが大切です。 この緑生の時期では、2人の愛をじっくり育みながら、恋愛期間をおおいに楽しむ時期だと思って過ごすほうが良いでしょう。

お相手の運気にも影響されますが、2019年の 立花 の年でゴールインするといいですよ。 立花の運気では、さまざまな事を決定付けるのにふさわしい時期で、このタイミングでの決断はゆくゆくの運気の流れにも良い影響を与えてくれるので、2018年の緑生で2人の関係をしっかり築き、2019年で結婚っというのが理想的ですね^^



立花の運気は良くも悪くもその運気のパワーをより高めていってくれるので、月運の運気の流れはしっかりチェックしておくといいですよ~ 以下に月運の流れを出しておおきますが、この月運の運気の流れは、2018年だけではく、2019年も2020年も...ずーっと変わらず決まっているものです。

火星人マイナスの2018年の月運

※ 赤字の運気の時は要注意です。

運気
1月 達成
2月 乱気
3月 再会
4月 財成
5月 安定
6月 陰影
7月 停止
8月 減退
9月 種子
10月 緑生
11月 立花
12月 健弱

火星人マイナスと相性が良いのは?

火星人ともともと相性が良いとされるのは金星人で、うまくいかない傾向にあるのが土星人、あまり相性が良くないのが火星人、木星人です。 このように、もともと星同士が持っている相性はありますが、相手の運気によって良い相性であってもうまくいかなかったり、悪い相性であっても運気が後押ししてくれる事があります。

特に相手の方が大殺界の渦中にある時は、結婚 や 共同経営 など、人生を左右するような決断をしない事です。 運気の流れは毎年変わるので、出来るならお互いの良い運気で決める方が、のちに良い結果に繋がります。 自分の運気とともに、相手の運気をよく知っておくのは大切です。

※ 各星人の名称をクリックすると、それぞれの運気の詳細記事が見られます。

星人 運気 相性
土星人(+) 停止 ×
土星人(-) 陰影 ×
金星人(+) 種子
金星人(-) 減退 ×
火星人(+) 立花
火星人(-) 緑生
天王星人(+) 達成
天王星人(-) 健弱
木星人(+) 再会
木星人(-) 乱気
水星人(+) 安定
水星人(-) 財成

まとめ

火星人マイナスの方にとっては、2018年は好運気の真っ只中なので、ハチャメチャに突っ走る事はおすすめ出来ませんが、しっかりと運気の波に乗って、行動を起こしていきましょう。 その行動には努力が欠かせませんが、ここでの頑張りが翌年( 2019年 )の立花の運気も左右します。 しっかりコツコツと努力した人が立花の年で大きく成果をあげる事になるでしょう。 これまで以上に自信を持って、自分の可能性を信じて頑張って下さいね^^