アメリカ海軍 台風13号進路予想 沖縄への影響は!?

7月30日の夜、台風のたまごが発生!! 台風13号 は、( ソウデロア ) と名付けられました。 7月中に台風が13号まで発生したのは、26年ぶりの事!! 今年は台風年ですね...米軍合同台風警報センター ( JTWC ) の最新情報と、気になる沖縄上陸情報などをまとめてみました。

台風14号2015 たまご発生 気になる進路 米軍 ヨーロッパでは!?
※ 8月7日 最新情報

アメリカ海軍台風情報 最新13号 沖縄接近 ヨーロッパ予想は?
※ 8月5日 最新情報

沖縄に向かう台風13号の進路予想 米軍やヨーロッパの見解は?
※ 8月3日 最新情報

スポンサーリンク

アメリカ海軍 台風13号の情報は?

米軍合同台風警報センター の台風13号 ( SOUDELOR ) の最新台風進路予想です。 05/00Z = 5日/9時 になります。 ( 日本時間は、+9時間で見ます。)

米軍予想は、かなり正確だと言われていますが、このまま行くと、5日にはかなり日本に接近している事が分かります。 現在は、マーシャル諸島上空にありますが、ゆっくりと西に進んでいる状況で、今後の台風進路の動きにも注意が必要です。

b13go

※ 画像は、米軍合同台風警報センターからお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。

台風13号進路予想は?

現在の台風13号は、中心気圧 998ヘクトパスカル で、中心付近の最大瞬間風速は25メートル。 米軍予想に比べると、若干西寄りの進路ではありますが、来週末には日本への接近が予想されます。

1日にはトラック諸島近海、2日にはマリアナ諸島へ進む見込みですが、今後、大きく進路を変えてくる事もあるので、最新の台風13号の動きを注意深く見ていく必要があります。

13go

※ 画像は、Yahoo! 天気からお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。



台風13号 沖縄への影響は?

8月上旬に沖縄へ旅行などを計画されている方は特に今後の台風13号の動きに注意して下さいね。 このままの進路をたどれば、8月3日、4日頃から海への影響も大きく出てくるでしょうし、日程によっては、海水浴などの海のレジャーは厳しいかもしれません。

このまま、熱帯低気圧に変わってくれればいいのですが、こればっかりは自然現象なので、今の段階では、なんとも言えない状況です。 沖縄直撃となれば早い段階で日程変更や台風発生時の欠航の連絡やキャンセルした時の対処法なども確認しておきましょう。

ゴールデンウィークとともに定着してきたのが、シルバーウィークですが、2015年のシルバーウィークは最長5日間あるので、沖縄旅行を計画...

まとめ

台風13号は、まだ発生したばっかりなので、これらの進路はあくまでも予想です。 常に最新情報をTVやネットの天気予報で確認するようにして下さい。