赤ちゃんのあせも 背中や首への対策はワセリンがいい??

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

暑い時期になると、赤ちゃんの首や背中に、あせもがいっぱい出てきて、赤くて痒そうでなんとかしてあげたい!!ってママも多いでしょう。 特に汗っかきの赤ちゃんは、お部屋の温度や着替えなど気遣ってあげてるつもりでも、すぐにあせもが出来てしまいます。 おすすめのあせも対策や、ワセリンの効果などについてまとめています。

スポンサーリンク

赤ちゃんのあせも 背中や首にいっぱい

私の息子が赤ちゃんだった頃も、男の子だからよけいでしょうが、すごく汗っかきで、夏になると首のまわりや背中にあせもがいっぱい出来て、赤ちゃんだから言葉で訴えられない分、痛いのか痒いのか、グズリもひどくて大変でした。 1度、あせもが出来てしまうと、肌が敏感になってしまっているから、沐浴させてあげても着替えをマメにしてあげても、なかなかすぐには治らないんですよね(汗)

1番はあせもが出来る前に対策が取れるといいのですが、小さい体に大人と同じだけ毛穴があるから、どれだけマメにケアしてあげても、すぐに汗でいっぱいになってしまうし、また、人一倍汗をかきやすい体質の赤ちゃんもいるので、自分がちゃんとしていなかったせいで、あせもだらけになってしまった...なんて自分を責めないで下さいね。

赤ちゃんのあせも対策は?

赤ちゃんのあせも対策には、いろいろありますが、1番は衣服をマメに着替えさせてあげたり、塗らしたガーゼなどで汗を拭き取ってあげたり、シャワーで汗を流してあげたり、汗を衣服に溜めない事が大切です。

背中に汗取りガーゼを入れてあげる

衣服をマメに交換してあげると言っても、1日に何度も何度もとなると、洗濯だって間に合わないくらい着替えがたくさん必要になるし、ママにとってもかなり負担になってきますよね。 市販で背中に入れる専用の汗取りガーゼもあるし、普段使っている小さい四角のガーゼを汗取りガーゼとして代用してあげてもいいでしょう。 こまめに取り替えてあげる事で、汗だくのままの状態がだいぶ軽減できます。

肌を清潔に保ってあげる

日中はエアコンを付けていても、温度調節がまだうまく出来ない赤ちゃんは、汗をたくさんかいてしまう事があります。 汗を放置する事であせもを発生させてしまうので、マメに沐浴やシャワーをしてあげて、汗を流してきれいに拭き取り、肌を清潔に保ってあげるようにしましょう。 ※ 石けん や ボディーソープ などは使いません。 

この時、ベビーパウダーなどをはたくと良いと言われたりもしますが、ベビーパウダーは毛穴を塞いで逆効果になってしまう赤ちゃんもいるので、私はあまりおすすめしません。

行きつけの小児科に診てもらう

あせもだと思い込んでいたのが、湿疹だったりもするし、あまりひどくなってしまうと、赤ちゃんも痛くて痒くてグズリがひどくなる事もあるので、あせもくらいで小児科なんて...と思わず、早めに診てもらって、先生に相談された方がいいでしょう。 ひどい場合は、あせもをある程度、薬で沈静化させてあげる方が良い場合もあるし、良かれと思ってしてあげていた事が、先生に聞いたら逆効果だったなんて事もあります。



赤ちゃんのあせもにはワセリン?

赤ちゃんのあせもにはワセリンが良いと聞いたりしますが、ワセリンはお薬ではなく、肌を保護するものなので、あせもが出来ているからと、ワセリンをせっせと塗り込んであげたりしていると、汗が出る管を塞いで代謝を妨げる場合もあります。 また、逆にワセリンがあせもの原因になってしまう事もありますよ。

あせも対策には、ミョウバン水 もおすすめ♪♪ ミョウバン には、収斂作用殺菌作用汗を抑える制汗作用 があり、ミョウバン水 を取り入れた あせも対策をしているママも多いです。 私も、息子が赤ちゃんの頃に、このミョウバン水を薄めたミョウバン風呂に入れてあげたりしていましたが、あせも対策には効果的だったように思います。

ミョウバン水原液の作り方

ミョウバン水原液 は、ミョウバン 50g1.5リットルの水道水 で溶かせば出来上がります。 スーパーのお漬物のコーナーで100円程度で置いてある所や、ドラッグストアなどで扱っている場合もあります。 ミョウバンはすぐには溶けないので、日陰や冷蔵庫でそのまま2・3日放置しておく必要があります。 ミョウバンがきれいに溶けたら、ミョウバン水原液の出来上がりです。

ミョウバン水原液を、50cc 程度お風呂に混ぜてあげれば、簡単にミョウバン風呂が出来るし、シャワーを浴びた後の肌に、ミョウバン水原液を、水道水で 20 ~ 50倍に薄めたものを肌に塗ってあげたり、スプレー容器に入れて、肌に吹きかけてあげて、ポンポンっと抑えるように拭き取ってあげるのも良いでしょう。

※ 作ったミョウバン原液 や ミョウバン水薄め液 は、冷蔵庫で保管します。

※ 赤ちゃんの肌に合わない場合は、使用を中止して下さい。

自分自身がワキガに悩んでいるっていう女性の場合、その悩みや辛さを知っているからこそ、自分の赤ちゃんに遺伝しているのではないか...と...

まとめ

最近は、お洗濯をする時に柔軟剤を入れるのが当たり前のようになってきましたが、この柔軟剤のせいで赤ちゃんの肌が荒れてしまい、あせものように見えている場合もあります。 赤ちゃんの衣服には、赤ちゃんの衣服にも安全に使える柔軟剤を使うか、もしくは使用を中止しましょう。

あせも肌に1番大切なのは、汗をそのままにせず、清潔な肌に保ってあげる事です!! 今は大変かもしれませんが、来年の今頃は、あせもに悩まされる事もないでしょう。 この夏をしっかり乗り切ってあげて下さいね。