アメリカ海軍 最新の台風情報 12号 沖縄への進路は?

1度は消滅したかと思われていた 台風12号 ( HALOLA ) は強い勢力を保ったまま、日本の南海上を西寄りに進んできており、いよいよ沖縄への上陸も現実味を帯びてきてしまいました。 米軍合同台風警報センター( JTWC )日本の気象庁 の進路予想とともに、沖縄への進路予想をまとめています。

台風12号は、7月26日 熱帯低気圧に変わりました。
※ 7月26日21時50分発表

アメリカ海軍の台風情報は?

今年の台風9号発生の時から、アメリカ海軍の台風進路予想をチェックするようになったのですが、その精度の高さには驚かされています。 自国の軍人の命を守るための台風予想だけあって、日本の気象庁の台風情報以上に注目して見るようになりました。

7月24日現在の最新の台風予想 ( JTWC ) が発表されました。 28/12Z = 28日/9時 になります。 ( 日本時間は、+9時間で見ます。)

2015-07-24_01h08_26

※ 画像は、米軍合同台風警報センターからお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。

勢力を弱めることなく、まさに日本を覆いつくすような形で、台風が進む予想です。 日本全国、24日 ~ 28日にかけて、海上は大しけに注意が必要ですし、上陸後も暴風雨にかなり警戒が必要です。

最新の台風情報 12号について ( 7/24現在 )

日本の気象庁で発表されている、24日 ~ 28日 までの5日間予報を見てみても、台風進路に関しては、米軍予想とほぼ同じような進路をたどって行く予想です。 本日、24日の午後には大東島地方に最接近!! 25日には、奄美地方や沖縄本島地方に直撃するかもしれません。

2015-07-24_01h06_13

※ 画像は、Yahoo! 天気からお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。

26日には、九州にも上陸する見込みで、このまま行くと、週末は沖縄 ・ 九州あたりが最も警戒が必要な地域になってきそうです。



台風情報 沖縄への進路は?

米軍予想、日本の気象庁の予想、どちらを見ても、24日 ~ 25日 にかけての沖縄上陸はほぼ避けられそうにありません。 沖縄方面への旅行などを計画されている場合は、航空情報もしっかりとチェックしておいて下さい。

24 ・ 25日 は、ANA や JAL 、SKY など各航空会社とも、欠航や遅延、条件付運航などの影響が出てきます。 航空会社の運行状況の発表などの確認も必要ですし、日にち や 便 の変更が可能ならば、早め早めに手を打っておくようにして下さいね!!

まとめ

今回の台風12号 ( HALOLA ) は、暴風半径が90キロで、雨雲が大変コンパクトにまとまっている事から、急激にに雨風が強まる恐れもあり、台風や雨雲の動向には、引き続き注意していく必要があります。