お中元を送る時期 関西と関東の違いとマナーについて

お中元の時期、住んでいる地域によっても贈る時期に違いがあります。 いざと言う時に恥をかかなくて済むように、お中元を贈る時のマナーを知っておきましょう^^ 参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

お中元を送る時期 関西はいつ?

関西地方では、一般的に8月初旬 ~ 15日頃まで。
では、関西の方へ7月にお中元を贈ると非常識かと言われると必ずしもそうとも言い切れません。最近はお付き合いの範囲も広がってきて、お中元を贈る時期もそれぞれです。

ただ、贈る相手方が上記の時期に従っておられる場合は、その時期に合わせて贈る方が良いでしょう。

お中元を贈る時期 関東はいつ?

関東地方では、一般的に7月初旬 ~ 15日頃まで。
最近は、昔とはまた違って、古いしきたりに必ずしも縛られる必要もなくなりつつあります。デパートやスーパーが7月に集中する商繁期をずらすために、早め早めに注文を取るようになっている事もあり、混雑を避けて6月頃から贈りはじめる人もいるようです。

その地域による違いなどもあると思うので、実際に贈り物を用意する時にお店で直接聞いてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

お中元を贈る時期とマナー

関西だから、関東だからと言っても、やっぱり地域の風習やその家によってお中元を贈る時期は違います。 時期がズレているからマナーがなっていないとも言い切れません。

また、お中元を贈る時期に、たまたま忌中が重なってしまったという事もあるでしょうが、お中元は本来、時候の挨拶なので、忌中にお中元を贈ってもマナー違反にはなりません。 

ただ、忌中知っていて、その時期にわざわざお中元を贈るよりも、忌中の御供えや忌中見舞いに変えて贈った方が良いのではないでしょうか。

まとめ

お中元は、日頃からお世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈るものです。贈るタイミングも大切ですが、1番は贈る心。あまり深刻に考え過ぎなくてもいいかもしれませんね。