大阪造幣局の桜の通り抜け所要時間は? 屋台はいつまで?

明治16年に始まった大阪造幣局の桜の通り抜け。 毎年、4月の中旬ごろの桜の開花の時期に、造幣局の構内旧淀川沿いの通路を一般花見客のために1週間開放されるものですが、今では無くてはならない春の風物詩になっていて、多くの人々が訪れます。 今年の開催期間や通り抜けの所要時間、屋台の情報などまとめてみました。

スポンサーリンク

大阪造幣局の桜 2017年の開催期間

平成29年4月11日(火)~ 4月17日(月)までの7日間
時間 : 午前10時 ~ 午後9時まで( 平日 )
午前9時 ~ 午後9時まで( 休日 )

名称 : 造幣局( 桜の通り抜け )
駐車場 : なし 車不可
開催地 : 大阪市北区天満1-1-79
電話番号 : 050-5548-8686
( ハローダイヤル 期間中 8~21時 )

大阪造幣局 桜通り抜けの所要時間は?

全長560mの通路なので、普通に歩いて通れば15分もかからないような距離ですが、あちらこちらで立ち止まって写真撮影したり、人混みでなかなか進めなかったりするので、なんだかんだで30分くらいはかかってしまいます。

21時には閉門されるので、夜に入場される方は、それくらいの時間を見越して来られるといいですよ! 夜にライトアップされた桜もとーってもキレイです^^

スポンサーリンク

昨年( 2016年 )の大阪造幣局の桜の通り抜け

大阪造幣局の桜 屋台はいつまで?

大阪造幣局の桜の通り抜けの開催期間前でも桜の開花時期に合わせて屋台もたくさん並びます。 開催期間中、21時の閉門後でも屋台は出ているので、各屋台にもよるでしょうが、閉門後しばらくはやっていますよ! 桜が散る頃には、屋台も終わってしまいます。

大阪造幣局の桜の通り抜け アクセス方法と周辺情報

まとめ

土日はやっぱり結構な人混みで混雑するので、土日以外で行けるようならよく晴れた平日にお花見される事をおすすめします。 ちなみに、造幣局やその周辺に駐車場は用意されていないので、必ず電車やバスなどの公共交通機関を利用するようにして下さいね!