アメリカ海軍台風情報17号の今後の進路 ヨーロッパ予想は?

以前から警戒していた 台風17号のたまご が、ついに昨日( 9/1 )日付変更線より西を越えて 台風17号( KILO ) になりました。 最新の台風の進路予想を アメリカ海軍( JTWC )ヨーロッパ( ECMWF ) 情報と合わせながらみていきましょう。

台風21号 2015進路最新ヨーロッパ 米軍情報 沖縄上陸はある!?
※ 9月23日 最新情報

台風17号 18号 2015 進路の最新情報 米軍やヨーロッパでは?



スポンサーリンク

アメリカ海軍台風情報 最新版( 9/2 )

8月の後半頃から 米軍合同台風警報センター では、台風17号のたまご( 熱帯低気圧 ) として、その存在が確認されていたのですが、日本の気象庁での発表はなく、できればこのまま消えてほしいと願っていましたが、ついに昨日( 9/1 )気象庁でも台風17号が発生したと発表がありました。

0902_b17go

※ 画像は、米軍合同台風警報センターからお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。

米軍合同台風警報センター( JTWC ) で発表された最新の 台風17号( kiro )の進路です。 06/18Z = 6日/3時 になります。 ( 日本時間は、+9時間で見ます。)
1日 ~ 4日にかけて、ジリジリとゆっくりした速度で進んでいるような印象ですが、5日 ~ は、速度を早め、勢力を拡大させつつあります。

現在は、日本のはるか遠く東側に位置しているため、まだこの台風の直接的な影響はありませんが、規模の大きい台風ではあるので、今後の動きには注意が必要です。

台風情報 17号の進路は?

0902_k17go

※ 画像は、気象庁からお借りしました。 クリックで、大きい画像になります。

9/2 現在の、台風17号は、ミッドウェー諸島近海にあり、北北西方向にゆっくりとした動きで進んでいます。 気象庁が発表した 3日 ~ 7日 の5日間の進路予想を見ても、動きが遅い状況がよく分かりますね。

現在の中心気圧は955ヘクトパスカル あり、これまで日本に来襲した台風同様に強い勢力を維持している事が伺えます。 9月に入ると、日本各地で運動会や体育祭などが行われる地域も多いので、この台風の今後の動向には目が離せませんね。

スポンサーリンク

台風情報17号 ヨーロッパの予想は?

0902_do17go

※ 画像は、ヨーロッパ中期予報センターからお借りしました。

台風17号 に関しては、かなり早い段階から、ヨーロッパ中期予報センター( ECMWF ) の10日間の進路予想で、視覚的にもハッキリ捉えられていたので、熱帯低気圧から台風に変われば、間違いなく規模の大きい台風になるだろうと思っていましたが、本日( 9/2 )発表された10日間予想では、日本列島に近付くにつれ、さらに勢力を強めていっているのがよく分かりますね。

このままの進路をたどるとすれば、今回は沖縄よりも、北海道 や 東北地方に大きな影響がありそうです。 あくまでも予想ではありますが、進路予想図を見る限りでは、台風の目もくっきり大きく出ており、海上や沿岸でも 大シケ や 高波 など早い段階から警戒が必要です。

2015年9月 シルバーウィークの沖縄旅行 台風は大丈夫?

まとめ

今回の 台風17号 は、かなりゆっくりと進路を進めているので、この速度のまま日本列島へ接近すると、大雨や暴風も長引きそうな予感です。 また、この 台風17号 が去ったあとも、9月はまだまだ台風発生が予想されるので、しっかりと備えておきましょう。 また、これらの進路はあくまでも予想なので、常に最新の台風情報をチェックするようにして下さいね!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA