台風11号 16日 大阪への進路予想は?

台風接近がウソののように穏やかな現在の西日本ですが、毎日の台風情報を見ると、台風11号は勢力を強めたまま、日本へと進んできている状況です。 16日、大阪への影響はどうなのか、進路予想をまとめてみました。

台風11号 16日はどこに上陸?

大型台風11号の今後の進路が気になるところですが、14日の時点では、あさって( 16日 ) 以降に西日本上陸が濃厚になってきました。 今朝6時には、日本の南に海上に位置していて、1時間あたり、約15キロの速さで北へ進んでいます。中心付近の最大風速は40メートル、中心気圧は950ヘクトパスカル で、勢力を弱める事なく、突き進んできている状態で、16日の夜から17日の朝にかけて、西日本に接近、上陸、横断していきそうです。

※ 15日の発表では、大阪は17日午前3時に暴風域に入る予報が出ています。

7月14日現在の 台風11号 の状況

screenshot_09

※ 画像は、Yahoo! 天気からお借りしました。

台風11号は大阪で猛威を振るう?

気になるのは、16 ~ 17日にかけての大阪の台風情報ですが、16日以降は局地的な大雨 や 暴風 が予想されますし、かなり荒天になる恐れがあります。

15日の午後からは、台風の影響でじょじょに雲に覆われ、16日にかけて大雨、暴風などに注意が必要です。 台風の規模としては、かなり大きいので、週末にかけての航空便の出航もかなり危ぶまれます。 出張や旅行を予定されている方は、航空便の状況もしっかりチェックしておきましょう。

すごくゆっくりしたペースで進んでいるので、想定外の被害に見舞われる可能性もあります。 台風情報はマメにチェックしながら、台風対策もしっかりと取っていくようにしましょう!!



台風11号 の進路予想はどうなっている?

台風9号は、13日の朝9時頃には、朝鮮半島で温帯低気圧に変わり、ホッとしたところですが、西日本を完全に横断していく形の進路が予想される台風11号。 現在の進路予想では、17日の9時の時点で、西日本もすっぽり覆われているような状況です。

ただし、台風状況は常に変化しているので、今、このような時系列で以下のような進路をたどると予想されていても、台風の今後の進路によっては、15日から暴風や大雨になる恐れもあるので、外出先でも常に新しい台風情報をチェックしておくようにして下さい。

7月14日現在の 台風11号 の進路予想

screenshot_10

※ 画像は、Yahoo! 天気からお借りしました。

まとめ

精度が非常に高いとされる、米軍合同台風警報センター ( JTWC ) や、ヨーロッパ中期予報センター ( ECMWF )でも、現在は、日本の予報とほぼ同じような台風進路を予想しているので、16日の台風の状況は、ほぼ現在出されている予報に近いものになると思われます。 無理に計画して、大きな災害に見舞われる事があってはいけないので、今後の予報にも目を離さず、備えておくようにしましょうね。