アームカバーのUVカット効果は? 白か黒どちらが良い?

今は、自然も減少し、アスファルトやビル群の照り返しもキツイし、環境汚染やオゾン層破壊などの影響で、昔に比べると紫外線もかなり強くなってきたように思います。

UVクリームは肌荒れしてしまったり、専用クレンジングで落とすのが面倒くさいという理由で、アームカバーを使っておられる方も多いですが、アームカバーのUVカット効果って、はたしてどれくらい期待出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

アームカバーはUVカットしてくれるのか?

結論から言うと、素肌でいるよりはマシですが、完全に紫外線をシャットアウトしてくれる訳ではありません。

100均などにも売っていますが、より高い日焼け止め効果を望むなら、屋外スポーツ用のアームカバーがオススメです ← スポーツ用品店で売っています。ただし、スポーツ用とは言え、同じく完全に紫外線をカットする訳ではないです。

アームカバーのUV効果の高い使い方は?

1番は、日焼け止めクリームを塗った上から、アームカバーを付ける方がより効果的ですが、日焼け止めが塗れない場合、洗濯するとUV効果が高められる洗剤なども売っているので、それを使ってアームカバーのUV効果をUPさせてみるのも1つの方法です。

スポンサーリンク

Tシャツ や ズボンも一緒に洗う事で、同じくUV効果のある衣服にすることが出来るのでオススメですよ。

⇒ UVカット洗剤 ( 楽天市場 )

アームカバーのUV効果は白か黒どちらが高い?

一般的には、黒の方がUVカット効果が高いと言われています。日傘なんかでも黒色のものが多いですよね? ただし、黒は可視光線や赤外線を吸収しやすいので、暑くなりやすいという欠点があります。

また、白色でも生地が分厚く、UVカット率の高いものなら、UV効果は高いですし、一概に白より黒の方、黒より白の方...とも言い切れません。 晴れた日よりも曇りの日の方が紫外線が強いと言いますから、暑い日は白色、曇りの日は黒色と使い分けるのもいいかもしれませんね。

まとめ

春先や曇り空の日は、ついつい油断しがちですが、目に見えない紫外線は降り注いでいます。取り外しも便利なアームカバー、上手に使って日焼け止め対策に役立てて下さいね。