結婚式 ふくさが入らない サブバッグはどんなもの 中身は?

初めて結婚式に参列されるんですね♪ ドレスやバッグは揃えたけれど、ふくさ( 祝儀 ) がパーティーバッグに入らない!! こんな時、どうすればいいのか? サブバッグを持つとしたら、どんなものがいいのか? また、中身は何を入れておくと便利なのかをまとめてみました。 参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

結婚式 ふくさが入らない場合どうしたらいい?

ドレスもパーティーバックもバッチリ揃えたけれど、肝心の ふくさ( 祝儀 )がパーティーバッグに入らない場合、ご祝儀はふくさに入れているので、風呂敷に包んでいるのと一緒ですから、パーティーバッグとは別に手持ちで持っていても大丈夫です。

ただ、結婚式ではカメラやハンカチ、スマホなどなど何かと会場内に持ち込む物も多いし、お花やカードなど持ち帰る物も多いので、パーティーバッグとは別にサブバッグを持っていくと便利ですよ♪

結婚式のサブバッグはどんなものがいい?

結婚式での持ち物は何かとかさばるので、サブバッグはA4サイズくらいのマチ付きのものがおすすめです。 色は、黒色やベージュのものが一般的ですが、結婚式に着ていくドレスやパーティーバッグに合わせてバランス良く選ぶ方がいいです。

黒色でシンプルなデザインの物にしておけば、この先、冠婚葬祭いろいろな場面で使う事が出来るので、おすすめですね。


スポンサーリンク

結婚式のサブバッグの中身は何入れる?

上着や貴重品、会場内に持ち込む必要のないものは、受付のクロークに預かってもらえばいいので、パーティバッグにハンカチ や スマホ 、リップ や ファンデーション などを入れて、サブバッグの中身は、ふくさ( 祝儀 )に、カメラ、ティッシュ、メイクポーチ、小銭入れ、ボールペン、手帳、予備のパンスト などを入れておけばいいでしょう。


まとめ

サブバッグ の 代わりに紙袋を持っていくという方もいますが、これは賛否両論です。 マナー違反ではないとして、実際、私もブランドの紙袋をサブバッグとして持っている方を見たことがありますが、マナーの厳しい方から見ると、紙袋を使っている人は、とても見苦しく感じるようです。 そう考えると、紙袋ではなくちゃんとしたサブバッグを購入される方がいいですね。 はじめての結婚式参列、素敵な1日になりますように♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA