防災 非常食 何日分あればいいか 美味しいおすすめの物は?

平成7年1月に発生した阪神淡路大震災をはじめ、まだまだ記憶に新しい東日本大震災( 平成23年3月 )自分が生きているうちに、こんなにも大きい災害が起こるなんて、今でも信じられないけれど、いまだ全国的に余震や噴火などが多く発生していて、いつまた大きい災害が来てもおかしくない状況。

全国的に防災意識も高まる中、防災のための非常食は、いったいどれくらい備えておけばいいのでしょう。 また、美味しい非常食やおすすめの物もまとめてみました♪ 参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

防災の非常食 何日分用意すればいい?

非常食、多ければ多いに越した事はないでしょうけど、あまりたくさんあっても持ち出すのが大変ですし、賞味期限などもあるので、最低3日分あれば安心でしょう。

一気にいろいろと買い揃えてしまうと、賞味期限が同じ時期に切れだしたりと大変なので、ちょこちょこ買い足して、賞味期限が近いものから食べて行くなど、買いっ放しにならないようにしましょうね。

非常食を実際に食べておく事で、どうやって調理すればいいか、どんな味なのか、腹持ちはどうか? など、いろいろ分かるので、避難時の予行練習と思って、日頃から食べておくのもいざという時に役立ちます。


防災用の非常食 美味しいものは?

防災用の非常食が注目を集める中、めちゃくちゃ美味しいと話題になっているのが、自衛隊の戦闘食糧( ミリタリーメシ )いわゆるミリメシで、種類もかなり豊富に揃っています!!

楽天市場で買えるミリメシ

私は、よこすか海軍カレーがお気に入り♪♪ 非常食用にって購入してるのに、ついつい食べちゃうんですよ(汗)

あと、最近は有名お菓子メーカーからも非常食用のお菓子の缶詰がたくさん販売されています。 ハーベスト や リッツ、ビスコ や コアラのマーチのビスケットなどなど...味も美味しいし、小さい子どもさんだけでなく、非常時のストレス解消に甘いものはもってこい!! いくつか入れておくといいですよ。

防災の非常食 おすすめは?

ご飯よりパン派って方は多いですが、非常食のパンって、どれもあんまり美味しくないものが多いんです。 だけど、私が実際に食べてみて、これは絶対おすすめ!!って思ったのが、京都祇園生まれのデニッシュパン、ボローニャの缶でボローニャシリーズ!! 3年間の長期保存が効くし、何より甘くてとっても美味しいの♪♪ これは、息子たちにも大好評で、絶対入れて欲しいって言われて、常備しているものの1つです。

そして、人間の命を繋ぐのに最も大切なのはお水!! 最近は、賞味期限もかなり長いものが出ているし、ペットボトルで常備しておいてほしいです。 実際の災害の時に、全て飲んでしまった後でも、2リットルのペットボトルがいくつかあると、給水所へ行って水をもらってくるのにも便利なので、あると重宝します。

まとめ

実際に災害にあった時、何よりも守るべきは命ですから、もしかしたら持ち出す余裕もなく、火災や津波で使えなくなってしまうかもしれません。 でも、一切備えずにいるよりも、3日分でもいいから備蓄しておけば、安心です。 非常食ではありませんが、避難先で何日も過ごしているとビタミンが不足して、口内炎や皮膚病などで苦しんだ人も多いです。 マルチビタミンなどのサプリメントなども入れておくといいですよ!!